売掛金回収の方法とは

企業にとって取引先の会社が売掛金を支払わないというのは、大きなトラブルの原因ともなります。何よりもサービスや商品の対価が支払われないことによる企業としての損失は計り知れません。こうした事態を未然に防ぎたいものですが、現実的に考えて全くゼロにするのは簡単ではありません。そのため、万が一売掛金回収のトラブルが生じてしまった場合にはなるべく早く解決に向けて動き出す必要があるでしょう。

解決のためにまず思い浮かぶのは、当事者間での話し合いです。それまで懇意にしてきた取引先であればあるほど、ことを大きくせずになるべく穏便に解決したいという思いもあるでしょう。もちろん、そうした気持ちを配慮してあくまでも当事者間の話し合いで解決しようとすることも悪くはありませんが、売掛金の支払いができないということはそれなりの理由が債務者の側にある場合が多いです。話し合いだけでは解決しにくいことも少なくありません。
例えば、債務者の側が滞納している支払いは数社に及ぶかもしれず、もしもほかの企業が弁護士を通じて強制執行に及んだ場合、債務者の財産がそちらに差し押さえられて、自社の売掛金の回収が事実上不可能となってしまうというケースもあるのです。ですから、お互いのために早期に解決を目指すなら早めに弁護士に相談して売掛金の回収を委託してしまうのが良いかもしれません。では、弁護士はどのような方法で売掛金の回収を成功させるのでしょうか。